お金のこと、生活のこと、子育てのこと

ひつじキャピタル

旅行

スペインでのバルの利用方法

更新日:

スペインに行ったら何はともあれバルに行かなきゃ始まらない。一見ハードルが高いように思うけど、注文や会計など、利用方法が分かってしまえば気軽に楽しめる。

入店する

お店に入る時は店員に向かって一言挨拶をしよう。挨拶をしておけば向こうも認識してくれて笑顔で迎えてくれる。挨拶の時のフレーズは「オラ(こんにちは)」でOK。

まずは飲み物を頼む

まずは飲み物から。ビールを頼む時はこのフレーズ。

「ウナ セルベッサ ポルファボール(ビールを一杯お願いします)」

  • ウナ = 一杯
  • セルベッサ = ビール
  • ポルファボール = お願いします
  • ワインを頼みたければレッドワインかホワイトワインで通じるけど、あえてスペイン語で言いたいなら「ヴィーノ ティント (赤ワイン)」、ヴィーノ ブランコ (白ワイン)」。
  • サングリアはそのまま「サングリア」でOK。
  • ピンチョスを頼む

    ピンチョスの頼み方はどうやってディスプレイされてるかでちょっと違う。カウンターの上に置かれてて、お皿を渡される場合はそのままカウンターから自分のお皿に取って食べればOK。(かなり適当なのでややドキドキするけど、実際そういうものなので慣れる)

    ガラスケースの中に入ってて自分で取れない場合は、食べたいものを指差して、店員に向かって「エスト」と言えば取ってくれる。

    ちなみにピンチョスの値段は一つ1€くらいとリーズナブル。

    会計をする

    会計は基本後払い。一通り飲んで食べたら店員に向かって「クアント」と言えば、ピンチョスの楊枝の数を数えて会計をしてくれる。ちなみにちゃんと座って食べるレストランの場合は「ラ クエンタと言った方が丁寧だけど、バルだとかしこまり過ぎな感がある。

    バルは安くて気軽に楽しめるのでいくつかのお店をハシゴして楽しむのがおススメ。

    スペイン旅行の際は是非。

    -旅行
    -, ,

    Copyright© ひつじキャピタル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.