旅行

直前spgアメックス申込でリッツ・カールトン沖縄滞在の反省(繁忙期宿泊の注意点)

更新日:

巷で評判のspgアメックスカード。アップグレードやレイトチェックアウト、レストラン代が20%オフになるなどの特典があるので、旅行に行く直前に申し込んでみた。

リッツ・カールトン沖縄に滞在したのは8/13-16の三泊四日で、ホテルの予約は1-2ヶ月前くらいにしていて、spgアメックスを申し込んだのは直前の8/9。

審査通るギリギリかなぁと思いつつ、最終日に黄瀬でディナーを予約してたので、それまでに間に合ったらお高いディナーが20%オフになるからラッキーと思って申込み。(もっと早くに気付いて申し込んでおけよって感じだけどまぁそれはよしとして)

審査が通ってめでたくMARRIOTT BONVOYのゴールドエリートの資格をゲットできたのは申込からちょうど6日後の8/15。カードは手元に届いてなくてもアプリでのステータス表示が変わるので審査に通ったことがわかる。

朝早速フロントに電話してゴールドであることを伝え、レイトチェックアウトにしてもらった。

そんな感じでゴールドエリートになって浮かれてほくほく顔で望んだ黄瀬でのディナー。メニューを開いて頭の中に❔マーク。ホームページに載ってる価格と違う。。

通常だとコースメニューは25,000円の黄瀬と19,000円の迎恩の二種類(サービス料15%除く!)。けれどメニューに書いてあるのは黄瀬29,000円と迎恩25,000円。。。何かの間違いかと思ってホームページをもう一回見てみても、ホームページと値段が違う。高い。

心を落ち着かせて、20%オフだから元の値段とほぼ同じになると自分に言い聞かせて食事を楽しむことに。

食事自体は大満足で、大人と同じコースにした9歳の娘もご満悦。前菜からメイン、デザートに至るまで超絶おいしかった。

最後のおちは会計時。当然20%オフになると思いきや、お盆期間中は価格が高くなる上、割引が効かないとのこと。まじかと内心思いつつ、そんなこと気にしない風で会計を済まし、暫しうなだれる。(価格が高くなる分一品増えるけれど、値上げ幅に対して見合わない感はある)

まぁコロナで客足減ってるし少しは貢献しないとと自分に言い聞かせるもの、急いでspgアメックスに申し込んだ意味はほぼなかった。

年会費が34,100円なのでこれから使い倒さないと。。

Ad

-旅行
-,

Copyright© MERINO WOOL 100% , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.